読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『転がる石の上機嫌』

転がって、転がって、小さな善きものがあなたに届けられますように。

ちゃぽん、と余韻が残るライブ

先週の土曜日。

キャリーケースをがらごろと
転がしながら、海の近いカフェまで
Melancolia Storytellingさん
http://mitchell-orange1002.hatenablog.com/entry/2016/11/09/Melancolia_Storytellingさんの音楽
の音楽を聴きに行きました。


小さなカフェの店内は満席で、
キャンドルの明りが灯るなか
みんなで目をつむったり
リラックスしながらやさしい音楽と
うたの世界を堪能しました。
1つ1つの曲に気持ちが
込められていて、聴いていると
それぞれの曲が持つ情景が
立ちのぼってくるような、
そんな素敵なライブでした。
途中に入った詩の朗読も、
雰囲気があってとても良かったです。


時折ガラスの扉越しに
歩きながらこちらを覗きこむ
人たちや、道路を走っていく車の
音さえもまるでライブの演出の
ように完璧で、とてもあたたかく
親密なひと時でした。
Chigayaさんの、ふんわりとして
絶妙な塩加減のフォカッチャや
野菜のスープ、ライブの曲に
合わせて出されたカリッと
温かなキャラメルスコーンも
素晴らしく美味しかった。
「空間も含めて、総体で
数行の詩を表現したい」と
おっしゃっていたように、
音・色・匂い・温度のすべてが
一体となって素敵な空間を
作り出していたライブでした。


ライブで販売されていた
ご本人の詩と写真の本に
サインを入れていただき、
翌日はご一緒に鎌倉散策をして帰途へ。
するりと感触の良い紙の
ページを1枚1枚めくりながら、
この本を開くたび冬の夕刻の
あの素晴らしいひと時を
思い出すことができそう、と
幸せな気持ちで美しい詩と
写真を眺めている今です。


静かな波のような音楽と、
陽の光を受けきらきらと輝く
海の景色が、数日を経た今も
身体の中にたゆたうように
残っていて、ちゃぽんと
音を立て揺れているようです。

小さな旅の良い記憶が
またひとつ、増えました。


f:id:orange-camomille1402:20161221205800j:plain