読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『転がる石の上機嫌』

転がって、転がって、小さな善きものがあなたに届けられますように。

心意気から伝わるもの

カーネリアンという石の
アクセサリーと出会いました。

5月の始めのころのことです。

こっくりと深く落ち着いた
オレンジ色となめらかな石肌は、
見ているとバタースカッチの
ようにおいしそうで美しく、
首にかけるたび、つい
うっとり眺めてしまいます。

ちなみにこのカーネリアン、
達成したい目標や新しく
始めたい物事がある時に
迷いや不安を取り除き、
勇気を与えてくれるのだとか。

今やすっかりお気に入りで、
毎日のヨガの練習や大切な日に
この石を身に付けて過ごしています。

また、SNSを通じて知った
お店の方も親切で感じ良く、
とても好感が持てました。

今回のカーネリアンは
インドで見つけた石であること、
蝋引きの紐を使用したマクラメ編みで
作られていること、1点1点が手作りで
あることなどなど、丁寧に
商品説明をしてくれたし、
何より幾度かのメッセージの
やり取りの中で石への愛と
自社製品への自信がたっぷりと
そこに感じられたのでした。


* * * * * * * *


そして、それにほどなく
近い別のある日。

この4月に開店したばかりの
新しいワインバーに行きました。
葡萄やグラスや太陽など
ワインに関するシンボルマークを
背景に、店名の入った白い
ワインボトルがくっきりと
浮かび上がる、そんな可愛い
看板が目印のお店です。

県内初のヴァン・ナチュール
(化学肥料や農薬を使用しないで
作るワイン)のお店ということで、
そこに住む県民としては
そのお店に行くことを以前から
とても楽しみにしていました。

私はワインに詳しいわけでは
ないし、知識も全くありません。
でも、美しいグラスに注がれた
ワインが舌を滑り、喉を通り、
体内に落ちていくごとに
身体中の細胞がいっせいに
喜ぶのを感じました。
おいしい、おいしい、
何かが違う!と。

余計なものが取り払われ、
原点に回帰した自然のワインと、
それを作り出す人たちの
愛情と時間。
そんなものを思いながら
味わうと、それはいっそう
愛しく貴重で、滋味深いものでした。

地元の食材を積極的に取り入れ
丹精込めて作られたお料理も、
その丁寧な仕事ぶりがちゃんと
伝わる美味しさで、
やはりおいしい、おいしい!と
身体中の細胞から
嬉しさの泡がぷつぷつと
立ち上っていったのでした。

最近出会ってとくに
嬉しかったものだけを
取り上げてみましたが、
よくよく目をこらして
ぐるり辺りを見渡すと、
心意気のある本当に
良いものだけを作る人、
それを扱うお店などは
意外にたくさん身近に
あることに気づきます。
それは服飾品や食べ物だけでなく、
芸術作品や生活用品など、
多岐にわたり。

作り手が本当に心を込めて
作ったものって、受け取り手
にもちゃんと伝わります。
魂が、伝染するとでも
言うのでしょうか。
それは理屈でなく、
本能でわかるのです。
「うん、これは確かに良い!」と。
身体中の感覚で、びびびびびっ、と。

そして、魂と愛情と心意気で
作られたそれらは、受け取り手側をも
確実に変化させます。
たとえば、高くて素晴らしい
包丁を手に入れた料理人が、
この包丁に恥じないだけの
一流の料理人になるぞ、と
思うように。
綺麗で美しい洋服を手に入れた
人が、その服に見合うだけの
美しい自分でいる努力を
しよう、と決意するように。
美味しいものは体をより
健やかにしてくれるし、
パワーの込められたものは
それを持つ人に元気を
与えてくれます。

内面から滲み出るものが
外面を変化させていくように、
誰かが作り出した丁寧なもので
外面から内面が変化する
こともあるものですね。

それが高いか安いか、
他人の評判の良し悪し、
そんなものに影響されず
きちんと自分に合っていて、
必要で良いものかどうか。
それを見極める感覚を
できるだけ失わないように
してゆきたいと思います。

そして、たくさんでなくていい、
自分をちゃんと引き上げたり
高めたりしてくれる心意気の
あるものだけが、
自分の傍にあってほしい。

最近の私は、そんなふうに
考えるようになりました。



f:id:orange-camomille1402:20160524070516j:plain



f:id:orange-camomille1402:20160524070531j:plain