読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『転がる石の上機嫌』

転がって、転がって、小さな善きものがあなたに届けられますように。

春熊 (創作)

創作

あたたかな金曜日。

ぼくは用意したティーポットを
持って、近所の湖まで
散歩に出かけた。

湖畔には桜の木が
何本も植えられていて、
春になるとそれはもう、
うっとりしてしまうぐらい
美しいピンク色に染まるんだ。

ティーポットには
温かい黒糖入りの
ミルクティーが入っている。

それをこくり、こくりと
飲みながら、咲きだした桜を
ゆっくり愛でて
歩を進めていく。

今年も、咲いたなぁ。
当たり前のことを
思いながら。

ふと、ある桜の木の下の
大きな石が目に入った。

石の上には、なにやら
黒い物体が乗っかっている。
何だろう。近づいてみると、
それはクマだった。

クマが、大きな石に
腰かけている。
そして、哲学的な顔をして
一心不乱に湖を見つめている。

ぼくが驚いて凝視していると、
クマは僕に気がついてこう言った。

「やあ、君。今日は良い日和だね」

さらに続けて言う。
「桜もこうして咲いたことだし」

「今、生きる意味に
ついて考えていたんだ」

クマは聞いてもいない
ことを、自分からぺらぺらと喋る。

「たまにね、ふっとそんなことを
考えてしまう時があるんだよ。
熊にだってね」

少し喋りすぎたと感じたのか、
クマは照れ臭そうにふふっと
笑ってから言った。

「そんなことよりさ、
さっきパンケーキを焼いたんだ。
良かったら、一緒にどうだい?」

「ふかふかで、おいしいよ。
ぼくのはそんじょそこらの
やつよりよっぽど美味いって
仲間の間ではわりあい評判なんだ」

話しているうちに
味を思い出したのか、
クマはずんぐりした前脚の爪を
可愛らしくぺろっと舐めた。

悪いクマではなさそうだ。
じゃあ、せっかくなので
ご相伴に…そう言いかけた
ところで、強い風がぴゅうっ、
と吹いた。
桜の花びらが
ほんの少しだけ舞う。

一瞬だけつぶった目を
開けると、桜の木の下に
クマはもういなかった。

さっきクマが座っていた
大きな石の下には、黒々と
湿った土が広がっていて、
何かの食ベカスのような
ものがいくつか
こぼれているだけだった。

「…エイプリルフール」

ぼくは呟いて
黒糖ミルクティーを
ごく、と飲んだ。
そして、また
ゆっくりと歩き始める。


春には、いろんな出来事が起こる。

f:id:orange-camomille1402:20160402003740j:plain