『転がる石の上機嫌』

転がって、転がって、小さな善きものがあなたに届けられますように。

奇跡を信じたい瞬間に

人は、皮や骨や血を取り除き
細胞レベルにまで分解していくと、
最後には音(震動)だけが残るのだそうです。


だから人間は自然に、本能的に、音楽を欲するのだと、
そんな話をいつか聞いたことがあります。
それが真実かそうじゃないかはともかくとして、
あぁだからか…とものすごい説得力で
心にすとんと落ちたのを覚えています。


経験として知っている事実。
そしてバイブレーションとリズム。
人は、音楽で出来ている。
何て素敵なのだろう、強くそう思ったのでした。


音楽にしてもその他のことにしても、
かなり雑食タイプである私は常日頃から
いろいろなジャンルの音楽を浅く広く
齧る程度に聴くのですが、まれに理屈抜きに
体温が1,2度上昇するような、
心臓が跳ね上がり、身体を流れている血が
一気にぞわっと波立つような、
そんな音楽に出会います。


Jackson Sistersの“Miracles”も
そんな曲のひとつ。
低く唸る一瞬のギター音から
スタートするファンキーな音楽と
I Believe in Miracles Baby …”と
彼女たち5人の息の合ったコーラスに、
初めて聴いた瞬間から雷に打たれたような
衝撃を受けたし、心臓を鷲掴みにされたものです。
それは折に触れて聴いている今でも
全く変わらないのがすごい。


CDプレイヤーを起動させ、その旋律が
空間を流れ出す瞬間から、強く、激しく、
熱いうねりとなって、身体の奥底にある「何か」を
奮い立たせてくれるのでした。
魂レベルで感応してしまう、まさにそんな曲。


何かを強く信じたい時に。
もしくは、これから起こる大きな
何かに身を委ねたい時に。
わくわくとドキドキを
自分の中に探している時に。


この曲はそんな時、とても有効で優良な
効き目を発揮してくれると思います。


ジャクソン・シスターズ