読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『転がる石の上機嫌』

転がって、転がって、小さな善きものがあなたに届けられますように。

ヨガについて、あれこれ

yoga

ヨガが、好きです。


ゆるく、細々と続けて、なんだかんだで
もう10年近くが経とうとしています。


ゆったりと呼吸をし、気持ち良く体を弛緩させ、
自分の身体と心だけを静かに見つめる。


体のことだけに偏らず、
かといって精神世界一辺倒でもなく。
単なるエクササイズとは少し違う、
興味深い世界がそこにはあります。


そんな世界に魅入られて、この晩秋から
RYT(全米ヨガアライアンス)200時間コースという、
少々長い名前の資格取得を目指すことに決めました。


「今日はこのぐらいでいいか」と好き勝手に
アーサナ(ポーズ)をしていた時とは違い、
より効果を高めるための正しい形・正しい
アーサナを覚えるのは肉体的にわりとヘビーです。


そして心の奥底にあるものと向き合って、
その扉を開くために自分の感情や経験を
知り合ったばかりの人たちにオープンにして
シェアしていく作業というのは、
場合によってはかなり恥ずかしかったり
苦しいもので(実際泣いてしまう人もいる)、
なかなかの勇気が必要です。


でもそれは同時に自分を軽くするための
解放でもあって、自分以外の誰かにそれを
見守っていてもらう、というのは存外に
包み込まれているような温かさがあり
心地良いものだなと、今は
個人的に
そう感じています。


「美しいものを見て、
美しいものを聴きなさい。
そして美しい言葉を話し、
滋養のある美味しいものを食べなさい」


私に最初にヨガを教えてくれた先生の言葉です。
このブログを始めるきっかけになった
「縁を度す」という言葉とともに
今でも胸に深く刻まれています。


何をもって「美しい」とするかは千差万別で、
人それぞれではありますが、私はそれを
ヨガで見つけられたらいいなと思っています。


そして見つけたり得たものを少しでも多くの人に
伝えることができたらいいな、と。
この場所で。もしくは縁のある違うどこかで。


世界にはさまざまなものが溢れていて、
美しくないものもたくさんたくさんあるけれど、
夜空に浮かぶ星を集めるように
煌めくものを大事にしていきたい。
だからこそ世界は美しいのだと
そんなふうに思います。


太陽礼拝をした後に寝入ってしまい、
気づけばヨガマットの上で
目覚めたクリスマスの朝。


聖なる日に思うのは、
どうぞ生きとし生けるすべてのものに
幸せがありますことを。

皆様どうぞ、素敵なクリスマスを
お過ごしください。


Om.