『転がる石の上機嫌』

転がって、転がって、小さな善きものがあなたに届けられますように。

2016-06-03から1日間の記事一覧

カイロの紫のバラ【映画】 ~冴えないけれど、それなりに愛しい日々~

色々なことが重なってなんだかうまくいかないなぁという時があって、そんな時はこの『カイロの紫のバラ』のことをふっ、とよく思い出します。1930年代のアメリカ。 パッとしない人生の中で、映画だけが唯一の希望のように生きている女性、セシリアが主人公で…